2019年ルヴァンカップの優勝チームは【川崎フロンターレ】!スタメンや試合展開について。

昨日2019年10月26日Jリーグ杯(ルヴァンカップ)の決勝戦が行われました。

決勝カードは、【北海道コンサドーレ札幌】対【川崎フロンターレ】。

どちらも勝てば初優勝で、札幌が初の決勝で初優勝を果たすのか、はたまた、川崎が5度目の決勝で悲願の初優勝となるか注目の一戦でした!

結果は、PK戦を制した【川崎フロンターレ】が優勝試合は一進一退の攻防で見応えがあり、サッカーの醍醐味を十分に味わうことが出来る素晴らしい名勝負でした!

2019年Jリーグ杯(ルヴァンカップ)のスタメン

北海道コンサドーレ札幌

GK:ク ソンユン

DF:進藤 亮佑、福森 晃斗、キム ミンテ

MF:菅 大輝、深井 一希、鈴木 武蔵、チャナティップ、白井 康介、荒野 拓馬

FW:ジェイ

フォーメーションは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の代名詞である3-4-2-1、通称ミシャ式。

川崎フロンターレ

GK:新井 章太

DF:登里 享平、谷口 彰悟、車屋 紳太郎、山村 和也

MF:阿部 浩之、大島 僚太、田中 碧、脇坂 泰斗、家長 昭博

FW:レアンドロ ダミアン

フォーメーションは、4-2-3-1。

2019年Jリーグ杯(ルヴァンカップ)の試合展開

【札幌】試合序盤は一進一退の攻防だったが、前半10分、試合が動きました。右WBの白井がロングボールを受けると、相手DF(車屋)をうまく抜き去り中へクロス。ファーサイドへ流れたボールを、左WBの菅が利き足とは逆の右足で豪快なボレーシュートを決め先制。

このまま札幌がカウンターで点差を広げる展開になるかと思いましたが…。

【川崎】失点後、川崎が攻勢を強めて何度もゴールを脅かすと、前半48分、混戦から阿部が冷静に技ありのゴールを決め、前半のうちに同点とする。

【川崎】後半は川崎優位の展開で試合が進む。そして、後半43分、交代出場の小林が最高の飛び出しでゴール前でボールを収め、冷静に得点を決める。

【札幌】後半50分、ラストワンプレーでこのまま試合終了かと思われたが、コーナーキックから深井がヘディングで値千金の得点。土壇場で追いつき延長戦へ突入しました。

【川崎】延長前半6分、自陣のペナルティエリア手前で谷口が相手を倒し、レッドカード。残り時間を10人で戦うこととなりました。

【札幌】そして、そこで得たFKを福森が鮮やかに直接FKを決め、札幌が勝ち越し。試合を決定づけたかに見えたが…。

【川崎】延長後半4分。1人少ない川崎はまたも小林の気迫のゴールで追いつき、再び同点としました。

その後一進一退の攻防でしたが、延長戦でも決着がつかずPK戦までもつれました。

【PK】先に失敗したのは川崎。車屋が外し、このまま終わるかと思いきや、その後川崎のGK新井がPKを2本止め、大大大逆転勝利となりました!

最後に

令和初となる2019年のJリーグ杯(ルヴァンカップ)は、川崎フロンターレの優勝で幕を閉じました

PK戦までもがまさにシーソーゲームで、どちらが勝つか分からない手に汗握る一戦。サッカーファンとしては最高に楽しめた歴史に残る一戦でした!

残るはJリーグの優勝争い・降格争いや天皇杯、ACL決勝(浦和レッズ)の行方等々、まだまだ注目の一戦がありますので楽しみたいと思います!

【Jリーグ公式チャンネル】による、ルヴァンカップ決勝のハイライトはこちら↓