2020年東京五輪の日本人最初の聖火ランナーは「野口みずき」さん!

いよいよ来年に迫る東京五輪・パラリンピック

開催期間は、2020年7月24(金)から2020年8月9日の予定となっており、開催まで残り1年をきっていますね!

そんな東京五輪・パラリンピックの、気になる日本人最初の聖火ランナーについて、「野口みずき」さんを起用するとの発表が昨日11月11日にありました。

そこで本記事では「2020年東京五輪の日本人最初の聖火ランナーは「野口みずき」さん!」と題して、野口みずきさんについて調査しましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください!!

野口みずきさんとは

  • 生年月日…1978年7月3日
  • 出身地…三重県伊勢市
  • 身長…150cm
  • 種目…長距離走、マラソン

言うだけ野暮のような気もしますが…野口みずきさんは長距離走・マラソンの元選手です。

2004年アテネオリンピックの女子マラソンでの金メダルが記憶に新しく、身長150cmと小柄で華奢な体型ながら力強い走りが印象的でした。気温35度の中、アップダウンの激しいコースを、数十センチも身長が高い海外の選手を相手に独走状態だったのも衝撃的でしたね。

また、野口みずきさんは女子マラソンの日本記録、アジア記録保持者でもあります。

そんな野口みずきさんの自己記録や経歴は以下の通りです。

自己記録

5000m:15分30秒04(2007)
10000m:31分21秒03(2004)
ハーフマラソン:1時間07分43秒(2006)
マラソン:2時間19分12秒(2005)

経歴

2002年03月 名古屋国際女子マラソン  優勝 2時間25分35秒(初マラソン)
2003年01月 大阪国際女子マラソン   優勝 2時間21分18秒(日本国内最高記録/大会記録)
2003年08月 世界陸上競技選手権大会  2位 2時間24分14秒(アテネ五輪内定)
2004年08月 アテネオリンピック    優勝 2時間26分20秒
2005年09月 ベルリンマラソン     優勝 2時間19分12秒(アジア最高記録/日本最高記録)
2007年11月 東京国際女子マラソン   優勝 2時間21分37秒
2012年03月 名古屋ウィメンズマラソン 6位 2時間25分33秒
2013年03月 名古屋ウィメンズマラソン 3位 2時間24分05秒
2016年03月 名古屋ウィメンズマラソン 23位 2時間33分54秒

引用元:https://running.iwatani.co.jp/member/749/

野口みずきさんの現在

現役を引退された現在(本記事執筆時点)では、カセットコンロや生活用品、調理器具で知られるIwatani(岩谷産業株式会社)の陸上競技部でアドバイザーを務められているようです。

金メダリストで日本記録、アジア記録保持者がアドバイザーというのは、選手にとってはこれ以上ないくらい頼もしいですよね!!

野口みずきさんがアドバイザーを務める、Iwatani岩谷産業陸上競技部のサイトはこちら

野口みずきさんが2020年東京五輪の聖火ランナーを務めることへの世間の反応

・まぎれもなく世界最高のマラソンランナーだった、五輪マラソンが明るくなるうれしいニュース

・世界的にも稀な、常識を覆した天才ランナー

・野口さんか、素晴らしい

・堅実な人選

・名誉ある聖火ランナー、おめでとうございます

・野口さんなら適任で安心できる

・歴史に名を残す素晴らしい方で、聖火ランナーは大賛成

など、肯定的なコメントが多数ありました!!

最後に

本記事では「2020年東京五輪の日本人最初の聖火ランナーは「野口みずき」さん!」と題して、野口みずきさんについて記載しましたがいかがでしたでしょうか?

いよいよ来年に迫る東京五輪・パラリンピックの、栄えある日本人最初の聖火ランナーを任されることになったので今から楽しみですね!!