二股や浮気をされた人におすすめの漫画|サレタガワのブルー

(画像引用元:https://manga-mee.jp/trial.html)

皆さんは、恋人や配偶者に裏切られた経験(二股や浮気、不倫など)はありますか?

僕は今まで少女・女性漫画とは無縁でしたが、プロポーズをした相手が二股をしていたという出来事がきっかけで、偶々この『サレタガワのブルー』というマンガを見つけました。『読めば必ず「不倫したくなくなる」サレタ側の悲劇』というキャッチフレーズに興味を持ちました(笑)

読み始めると、なかなかどうして面白い。

漫画でフィクションではあるものの、二股をされた側である僕自身にとっても共感できる部分が多々あり、毎週金曜日を楽しみに読んでいます。

もちろん、二股や浮気をした側にとっても共感できる部分が沢山あるでしょう(皮肉です)。実際、作中のした側の下衆っぷりは、された側にとっては胸糞悪いものではありますが…。

二股をされた身からすると『サレタガワのブルー』の主人公の感情の変化が良く分かります。

具体的には以下の通り。

・「自分の恋人に限って二股、浮気はしないだろう。」と信じてやまない。

・恋人の二股や浮気発覚後、事実を受け入れられず精神的に落ち込む。「どうすればよかったんだろう。」「自分にも原因があるのではないか。」と自分を責めてしまう。

・精神的な落ち込みから、次第に怒りへと感情が移り変わる。

・そして最後には、恋人に対して哀れみの感情を抱く。二股や浮気をした側は、バレた後も自己保身のために言い訳や嘘を繰り返します。挙句の果てには、不貞行為をしたにも関わらず慰謝料を払いたくない、少しでも慰謝料を少なくしたいという考えから誠実さの欠片もない言動をします。

詳しくは後述しますが、浮気をしやすい人の性格は「ナルシスト」と言われています。ナルシストの人は傲慢で自己中心的ですから自己保身のための行動に終始することも納得ですよね。

この『サレタガワのブルー』というマンガは、内容が内容だけに胸糞悪くなりますが面白いのでご紹介したいと思います!!

『サレタガワのブルー』のあらすじと登場人物

『サレタガワのブルー』のあらすじ

田川暢(たがわ のぶる)は新進気鋭のグラフィックデザイナー 今日も妻の藍子(あいこ)さんは最っっっ高に可愛い。在宅ワークの暢は、愛する藍子さんのため、すべての家事を完璧にこなすパーフェクト夫!そんな暢の気持ちをよそに、藍子は他の男性と不倫していた…!

引用元:https://sp.comics.mecha.cc/books/131429

『サレタガワのブルー』の登場人物

  • 田川 暢(たがわ のぶる)…26歳の新進気鋭のグラフィックデザイナー。結婚1年半。在宅ワークながら収入は妻(藍子)の倍は稼いでいる。イケメンで掃除や洗濯、料理等家事全般を行う、絵に描いた理想の夫。愛妻家で自分たち夫婦は不倫とは無縁だと信じてやまない。漫画のタイトルはしゃれ(された側のブルーとたがわのぶる)。
  • 田川 藍子(たがわ あいこ)…29歳。夫である暢に嘘をつきまくり、不貞行為を繰り返す。常軌を逸した言動からアイコパス(サイコパス)と読者から呼ばれているとか。
  • 森 和正(もり かずまさ)…藍子の会社の上司で不倫相手。DV夫。育児は「お前の仕事」だと言い妻に任せっきりで、俗にいう「ワンオペ育児」状態。

登場人物(藍子、和正)は浮気しやすい性格(ナルシスト)に合致

本作品で浮気をする側の登場人物は、浮気をしやすい性格として有名な「ナルシスト」にまさに合致します。

傲慢で自己中心的。さらには、サイコパス・マキャベリストといった印象を抱きます。

特に、田川藍子に至っては常軌を逸した言動を繰り返すことから、その名前をもじって「アイコパス」と読者の間で呼ばれています。

僕個人としては、「目的のためなら手段を選ばない」という意味で、田川藍子は「マキャベリスト」の典型だという印象を抱きました。作中では、あの手この手で自分の有利になるような言動をし、息をするように嘘をついています。

『サレタガワのブルー』は無料で読める

この『サレタガワのブルー』は無料で読む事が出来ます。読みやすいので、スマホで読まれることをおすすめします

方法は至って簡単!株式会社集英社の公式アプリである「マンガMee」をダウンロードします。

数十秒の広告を見ると、マンガを読むためのチケットやボーナスコインが取得できますので、これを使って全話無料で読むことが出来ます!!

最後に

人間の生涯浮気率は約50%(男性:約50%、女性:約40%)とも言われていますので、浮気はある意味人類の歴史として、昔から繰り返されてきた行為であるとも言えるかもしれません。

ただ、私たちされた側はその悲しみや苦しみを経験したからこそ、自分の大切なパートナーに対してはそういった不誠実な行いをしないような理性的な人間でありたい、そう思いたいものです。

女性はもちろん、男性にもおすすめですのでぜひ読んでみてくださいね。

「マンガMee」公式サイトはこちら