筋肉が人生を変える|超筋トレが最強のソリューションである|Testosterone|書評

筋肉が人生を変える。

そのキャッチコピー、売り文句を真に受けて購入してしまいました()

ちなみに僕は、身長168cmで体重約50kgBMIの判定では低体重(痩せぎみ)です。学生時代は運動部に所属していたので筋トレとは無縁ではありませんが、今までにがっつり筋トレをしたことはありません(今後もする予定はありませんが)。ただ、社会人になってからはめっきり運動不足で、体力の衰えを痛感しています。そのため、まずは自宅で簡単にできる筋トレをして体力の向上を図りたいと思います。

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ Testosterone ]
created by Rinker

筋トレが優れている理由が満載

この著者のほかの著作を読んだことはないのですが、この本に関しては、如何に筋トレが優れているのかについて、科学的根拠に基づいて説明してあります。特に、筋トレが『精神的な面に』如何に良い影響を及ぼすのかについて強調しているという印象を抱きました。何より、第1章から『「死にたくなったら筋トレ」が真実である理由』という章題から始まっていますからね。そのほかにも、筋トレで人生が変わった方々の実例を実録漫画として複数掲載されています。

筋トレに関する誤解と偏見についても言及

筋トレに関して、おそらく多くの方が抱いているであろう次のような誤解と偏見についても、迷信だと否定されています。

筋トレに関する迷信
  • 筋トレをすると体が硬くなる
  • けがをしやすくなる
  • 筋トレをするとスピードがなくなるなど

また、「運動前後のストレッチ」がけがの予防に高い効果があるわけではないことも驚きましたね。

食事誘発性熱産生とは

個人的に一番印象に残ったのが、この「食事誘発性熱産生」についての記述。

食事誘発性熱産生とは、食物をとるとその消化吸収の際にもカロリーを消費することです。さらにこの本によると、摂取したカロリーのうち脂質と糖質はそれぞれ約7%がエネルギーとして消費されるのに対し、タンパク質はなんと約30%がエネルギーとして消費されるとのこと。つまり、タンパク質、炭水化物、脂質を100キロカロリーずつ摂取した場合、それぞれ30キロカロリー、7キロカロリー、7キロカロリーが食事誘発性熱産生で消費されるということです。

そのため、ダイエットをお考えの方であれば、食事内容を普段よりもタンパク質の割合を増やすことによって簡単に消費カロリーを増やすことができますね。特に、普段暴飲暴食をしている方にとってはより有効です。食事誘発性熱産生による消費カロリーの差は、1日あたりでは数百キロカロリーとわずかかもしれませんが1カ月、1年と継続するとかなりの差になります。

最後に

僕は結構ネガティブ思考で些細なことで落ち込むことが多いため、「筋トレで人生が好転する」のか試してみたいと思います(三日坊主にならなきゃいいけど…)。

心が落ち込んでいる方、メンタルが不安定な方はぜひ筋トレやりましょう!

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 [ Testosterone ]
created by Rinker